オープンソースのWordPress、利用方法は至ってシンプルなのですがサーバーにアップして、利用を始めるまでが若干初心者には難しいので、簡単にご説明したいと思います。

WordPressには2種類あって、WordPress.comとWordPress.orgがあります。

WordPress.comはサーバーにインスートルする必要がなく登録するだけですぐに始まられます。

WordPress.orgはサーバーアップロード型でWordPressのファイルを契約しているレンタルサーバーなどにアップロードしてから利用を始めることができます。

自由度としてはWordPress.orgの方がたくさんのテーマやプラグインを利用できたり

するので本格的なサイトを作るのであればWordPress.orgの利用が定番です。

また、テーマと呼ばれるHTML, CSS, PHPでできたサイトのフレームを自分で作成してアップロードできるのもこのWordPress.orgの方です。

話がそれてしまったので、本題に戻します。

まず、WordPressを始める上で必要なのがサーバー契約です。

サーバーによってはWordPressのインスートル機能がついているものがあるので、インスートル機能のついたレンタルサーバーの利用をオススメします。最近ではほとんどの主要レンタルサーバーでWordPressの簡単インスートル機能がついています。

私は、Sakuraのレンタルサーバーを利用しています。値段もリーズナブルで容量も大きいので一押しのレンタルサーバーです。また、WordPressを利用する機能面ではX-severがしっかりしていると感じます。大抵のウェブデザインであればSakuraのレンタルサーバーのスタンダードプランで十分です。SakuraでしたらWordPress簡単インスートル機能がついているので、自分でFTPソフトを利用せずWordPressをサーバーにアップロードできるのですが、この方法だとURLの後にフォルダを設定しなければならず、例えば、www.exsample.comと言うURLだった場合www.example.com/フォルダ名がついてしまうので、それが嫌な場合FTPソフトを使ってドメイン直下にWordPressファイルをインスートルする方法があるので一応、アップロードのしかたも説明しておきます。

まず、最初にwordpress.orgのホームページへ行きます。

そして、右下にあるWordPressダウンロードをクリックします。

ファイルを保存にするとダウンロードが始まります。圧縮ファイルでしたら解凍しておいてください。

 

次にサーバーの契約をします、すでにサーバーを契約されているかたでしたらFTPソフトでドメイン直下にWordPressのファイルをアップロードしてください。

初めての方でしたらSakuraのレンタルサーバーをオススメします。

月額515円のスタンダードプランがオススメです。

ドメイン取得もこのSakuraでできるのでお好きなドメインを取得しておいてください。

レンタルサーバーの契約が済みましたら、サーバーコントロールパネルへログインしてください。

 

運用に便利なツールメニューからクイックインスートルを選び→ブログ→WordPressを選んでインスートル先、データベース、データベースパスワードを入力すればWordPressのサーバーアップロードが完了されます。しかし、このやり方ですと、URLの後にフォルダ名がついてしますので、できればFTPソフトを利用してドメイン直下にアップロードしましょう。

アップロード後にアップロードしたURLへ行くと上のような画面にきますので

サイト名、ユーザー名などを競ってして、進んでください。

こちらが、WordPressの管理画面です。投稿はブログ用、メディアで写真管理、固定ページはメニューバーなどから選べる固定されたページ用です。外観でテーマ編集、メニュー編集、ウィジェット、テーマカスタマイズ、ヘッダー、背景などが設定できます。

プラグインでは様々な機能別に豊富なプラグインがインスートルできます。スライダー、コンタクトフォーム、スパム対策プラグイン、jQueryなどたくさんあります。選ぶのが大変なほどです!!

基本的にはこのあたりの操作だけでホームページとして機能するサイトは作成できます。

テーマも無料のものだけでも数千以上あるらしいです。

無料テーマだけでも十分なサイトは作れます。

有料テーマですと、かっこよいエフェクトがついたものや

SEOに強い作りのテーマを利用できたり、サイトにいろいろな機能を付けたりできます。

その辺は、サイトの規模、目的などによって使い分けてください。